男性をEDに追い込む女性が言ってはいけないセリフ

男性のEDは加齢や体力的な問題などだけで引き起こされる訳ではありません。女性の何気ないセリフによってEDになってしまう事もあるのです。これは心因性EDと呼ばれるものですが、何らかのストレスなどが原因によって発症します。
女性が言ってはいけないセリフは様々ですが、まず相手がコンプレックスに感じている事を指摘するのは要注意です。例えば給料が安い事だったり、ルックスについての事などが挙げられますが、このように男性が心の中でコンプレックスになっている事を指摘してしまう事によって、自分自身に対する自信が失われてしまい、それによって性行為の際にも男性機能が働かなくなってしまう事があります。
また、性行為の際に勃起をしない場合、その事について指摘するのも厳禁です。男性の精神はとてもナイーブな一面もありますので、失敗について指摘してしまう事で傷付けてしまう可能性があります。もし性行為に失敗してしまった場合でも強く責めたりせず、慰めてあげる位の気持ちで接する事が大切ですので、女性側も気を遣う事がパートナーのEDを引き起こさない為のポイントです。
言ってはいけないセリフとして、テクニックについての事も挙げられます。性行為の際のテクニックについて不安を感じている男性は少なくないようです。しかし、だからといってその事を指摘するのも良くありません。自信がないところに追い打ちを掛けてしまうとさらに自信を喪失させてしまう恐れがありますので、心で思っていても口には出さないようにする事が大切と言えます。
基本的には男性の心を傷付けてしまうような一言は厳禁と言えますので、EDにしない為にも女性側も注意した方が良いでしょう。

彼氏がED?!彼女がしてあげられることは?

彼氏がEDになった場合にしてあげられることはなんでしょうか。基本的に、EDの原因として考えられているものはその人の肉体的な問題か精神的な問題かの二つです。もちろん、大きく分けて二つの分類することは出来ますが、その中でもさらに原因を分けることも可能です。例えば、肉体的な原因と言って生まれたときからEDを発症させている人と事故などによって勃起をする事が不可能になってしまった人と様々なケースが考えられます。
彼氏が突然EDになってしまったようなときには日常生活の中で何らかのトラブルがあったことが考えられるので、彼女としてはそのトラブルを取り除いてあげることも大切です。肉体的な衰えが無くても、日常生活の中で精神的なダメージを受ければ彼氏はEDになってしまいます。そもそも、人間に対する精神的なダメージは許容範囲を超えると肉体的なダメージに変化する傾向にあります。例えば、仕事の疲れや食生活が傾くくらいの精神的な疲労が蓄積されると、円形脱毛症として頭皮にダメージを与えていきます。もちろん、こうした目に見えるダメージが発現したときには既に手遅れであることも多いので、実際に発見したときには早急に対策をしなくてはいけません。ストレスによって勃起障害になったときには、自力で勃起をする力を失っていることになるためパートナーのほうから積極的に性的興奮や性的刺激を与えることが大事になります。ED治療薬を服用しても構わないですが、精神疾患でEDになっている場合には時間が経てば比較的容易に勃起力を復活させることが出来るため、まずは簡単なできることから始めたほうが賢明です。簡単に治せる場合には無理に薬に頼る必要は無いのです。

心因性EDになりやすいタイプ

男性に起こるEDは、肉体的なものと心の問題が原因になります。
心因性の症状を発症する人は、責任感が強く悩みを一人で抱えがちな傾向があります。
また、直接EDになる原因がわからなくても、長期間ストレスを受け続ける事が症状を発症させる切っ掛けになります。
瞬間的に増大するストレスは、その場で心理的な負担を理解出来ますが、徐々に強まる場合は知らない間にEDの原因が強まっています。
睡眠不足が続いていたり、入眠やストレス問題を解決する為に飲酒を行っている場合は、心因と相乗的にEDを悪化させます。
悩みはお酒では解決しませんし、紛らわしているだけに過ぎないので、家族や専門家に相談する事が大切です。
幼少期にトラウマを持っていたり、異性との関係が上手くいかなかった経験を持つ事も、心因性EDを発症させる原因の一つです。
脳と性機能は密接に関係していたり、心理状況が体の機能に影響を与えるので、脳が性的興奮に対する反応を拒絶する事がEDに繋がります。
ストレスケアやトラウマの解決は、ED治療を行う上で重要な意味を持ちます。
日頃の生活だけではなく、過去に受けたストレスも客観的に把握したり、自身の中で納得出来る結論を導く事が重要です。
真面目過ぎる人は、何でも自ら解決しようとしますが、一人で抱えられる心理の負担には限界があります。
中でも仕事に関する事は、責任が個人で抱えられる大きさを超える場合も少なくありません。
重要な仕事を任されたり、出世して責任が重くなる事も症状を引き起こす切っ掛けです。
家族と悩みを共有する事、薬を使いながら心理的ケアを続ける事は、体の機能障害であるEDを解決する手段です。
真面目な人がパートナーや家族の場合は、悩みがないか聞き出す事が解決の手掛かりになります。